スワップポイントとは

ここでは、「スワップポイントとは」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スワップポイントとは


簡単に言えば毎日付与される利子のようなものです。

なぜこのような利子が発生するのかというと、

まず各国の政策金利(中央銀行が一般の銀行に融資する際の金利)

がそれぞれ異なっています。

たとえば日本0,2%, オーストラリア3%など。

この例で説明しますと、

日本の銀行にお金を預けているよりも

オーストラリアの銀行にお金を預けているほうが

利子が高くなります。

つまり日本円を持つより、豪ドルを持っているほうが

利子が高くつき、お得だということです。

そこで、FXで

豪ドル/円の買いポジション(円を売って豪ドルを買っている状態)

を持ったとしますと、

その金利差2,8%分の利子を受け取れるわけです。

これがスワップポイントです。

注意しておきますが、

逆の売りポジションを持った場合は

スワップポイントはマイナスとなり、

逆に支払うことになります。

ちなみにこの2,8%はあくまで目安で、

スワップポイントはFX業者によって大きく異なります。

さらに政策金利は国が金融政策などのために

変動させることもあるので、

スワップポイントもそれに伴って変動します。


為替変動による差益をねらうのではなく、

金利の高い通貨の買いポジションを持ち続けることによって、

コツコツとスワップポイントを稼ぐトレードスタイルを

スワップ派といいます。

デイトレと違い、チャートを見続ける必要がないので、

時間が取れないサラリーマンなどに向いているといえます。


このスワップポイントははじめはなかなか理解するのが

難しいと思われるので、

デモ口座を開設してみるとわかりやすいかと思います。


デモ口座も開設できる伊藤忠グループのFX会社



スワップポイント業界No.1の業者はこちら↓
【FX】外国為替証拠金取引『フォーランドオンライン』




人気ブログランキングへ
↑クリックして頂けると幸いです。
スポンサーサイト
レーシック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。