レバレッジとは

ここでは、「レバレッジとは」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FXではややこしいことに
レバレッジという単語には二つの意味があります。

1つは
(自分が持っている通貨の総額)/(FX口座に入金しているお金の総額)
です。
例えば、FX業者の口座に30万円入金し、
豪ドル/円が60円のときに1万通貨分の買いポジションを持ったとします。
この場合、動かしているお金が 60円×1万=60万円
レバレッジは 60万円/30万円=2.0(倍)となります。
スワップ派で推奨されている〝レバレッジ″は2倍から3倍以内ですが、
ここの〝レバレッジ″は1つ目の意味です。

2つめの意味は
(自分が持っている通貨の総額)/(持っている通貨の証拠金総額)
です。
証拠金の額はFX業者や通貨ペアによって異なりますので、
この2つ目のレバレッジも業者によって異なります。
同じように例を示しますと、
米ドル/円の1万通貨あたりの証拠金が1万円で、
米ドル/円が100円のとき、2万通貨分の買いポジションをもったとします。
この場合、動かしているお金が100円×2万=200万円
レバレッジは 200万/1万=200(倍)となります。
FX業者が宣伝している200倍とか、400倍とかは
この2つ目の意味でレバレッジという単語が使われています。
スポンサーサイト
レーシック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。