ファンダメンタルズ的な

ここでは、「ファンダメンタルズ的な」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日7月2日は米雇用統計が発表されます。

(米雇用統計は通常毎月第1金曜日に発表されますが、
7月3日(金)は米国が独立記念日の振替休日となるため、
7月2日(木)に前倒しして発表されます。)


-以下引用-


前回5月の米雇用統計は

非農業門雇用者数が前月比34.5万人減と

予想の同52.0万人減を大幅に上回り、

昨年9月のリーマンショック以来の減少幅まで回復しました。

今回の6月米雇用統計では、

非農業部門雇用者数が前月比36.3万人減と

前回5月よりやや雇用減少が進み、

失業率は前回5月よりは上昇ペースが落ちるものの、

9.6%への悪化が見込まれているなど、

前回がサプライズとなっただけに

ここ最近の米雇用統計よりも非農業部門雇用者数の結果や

前回修正値などに市場の関心がより集まると見られています。


米雇用統計を受けてドル/円は一時98.20円付近まで急騰し、

その後も予想外の雇用者数減少のペース鈍化を背景に

米10年債利回りが3.8%台へと大幅に上昇したことに支えられる中、

FRBの早期利上げ観測が高まったことから、

NY市場終盤に一時98.85円付近まで続伸し、

ほぼ1ヶ月ぶりの高値をつける結果となりました。


-ここまで-




などと、FX業者のコラムには書かれていますが、

ちょっと小難しいので、

噛み砕いて説明しますと、

前回の雇用統計の発表では

予想よりも結果がはるかに良かったので、

米ドルの買いが強まり、

米ドル円が上がりましたよ~。

だから今回も注目だよ~。

という話ですw


まぁ、予想と結果があまり変わらなかったら、

そんなに相場が動くことはないんですが、

一応注目しておいても損はないかなぁと。

逆にこの発表のことを頭に入れず、

テクニカルだけで取引するのは

今日に関してはどうかなと思います。

やはりファンダメンタルズとテクニカル両方を

念頭においておくことが重要ですね。



現在のポジション(スワップ用口座 フォーランドフォレックス)
豪ドル/円 64.58 (3月16日約定) 1万買
1日あたり受取スワップ 60円前後
累計スワップ 約6300円


ブログランキングに参加しています。
応援してくださる方や、記事がお役に立ちましたら、
クリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 為替ブログ FX 学生投資家へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxsloter.blog68.fc2.com/tb.php/20-9d767a0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
レーシック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。