トレードの種類

ここでは、「トレードの種類」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FXにおける
トレードの種類は大きく分けて3つあります。


1、スキャルピング
2、デイトレード
3、長期(スワップ狙い)


1のスキャルピングは
取引時間がとても短く、
少しでも利益が出たらそこで決済し、
数分の間に取引を終えます。
薄利を何度も積み重ねることによって収益を上げる方法です。
スキャルピングを行う際にはスプレッドが     →スプレッドって?
非常に重要になってきます。
値動きは読めているのにこのスプレッドのせいで
負けてしまうという状況もあります。
ですから、スキャルピングをする方は
できるだけスプレッドの狭い業者と通貨ペアを選ぶと良いでしょう。

スキャルピングお勧め業者↓
業界最高水準極小スプレッド!FXブロードネット




2のデイトレードは
数時間から数日かけて行うトレードで、
値動きを予想して約定した時と決済した時の
差で利益を得る一般的な取引方法です。
(安い時に買って、高い時に売る。またはその逆)
仮に日をまたいだ時はスワップポイントが付与されますが、
為替変動による損益のほうが大きいので、
ほぼ無視できる程度と考えていいでしょう。
業者を選ぶ際はスキャルピングの場合と同様に
できるだけスプレッドの狭い業者を選ぶほうがいいです。

デイトレお勧め業者↓
FX業界最高の取引環境 ! MJ「Spot Board」!!


特にトレード期間が長く、
1週間から2週間かけてトレードする方法は
スウィングトレードと呼ばれます。
この場合はスワップも無視できません。



3の長期(スワップ狙い)は
1,2の方法とは投資の仕方が大きく違います。
基本的には豪ドルなどの金利が良い通貨の買いポジションを
持つことによって得られるプラスのスワップポイントを
積み重ねて利益を得る方法です。
ポジションを持ち続けるため、
通貨価値下落による多少の評価損失には耐える必要があります。
よってレバレッジは3倍以内が推奨されていますが、→レバレッジって?
ここ1年間の市場変動を考えると
2倍以内に抑えたほうがより安全だといえます。
業者を選ぶ際はスプレッドよりもスワップポイントの高さで選びます。

スワップ派お勧め業者↓
【FX】外国為替証拠金取引『フォーランドオンライン』




ただ、やっておくことがひとつあります。
口座開設の前に
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fxsloter.blog68.fc2.com/tb.php/4-e2c46701
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
レーシック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。